漆喰

すこしひんやりした一日でした。
新築住宅の現場では、壁面に漆喰を塗る作業が始まっています。

 

漆喰には調湿性、抗菌性、防火性などに優れた特性があります。
漆喰が塗られた室内は、より明るく清々しくなったように感じました。

壁の下地を張り終えました

新築住宅の現場では、壁の下地をを張り終えました。
壁の下地が出来ると、部屋のサイズ感や雰囲気がより一層完成形に近づきます。
こちらはリビングです。この壁の下地の上に漆喰を塗って仕上げていきます。
こちらのリビングは和室と隣り合わせになっています。リビングと和室の壁面にもステンドグラスでつながりを持たせました。


完成までの日々、より一層気を引き締めていこうと思います。

アクセント

今日は少しひんやりとした空気に包まれた一日でした。気温の変化があるので、体調管理を気を付けたいと思います。
新築住宅の現場では、内装作業も進んでいます。
お手洗いの壁面に腰壁が張られ、ステンドグラスも入りました。
明りも入るかわいいアクセントです。

杉の一枚板のカウンターも付きました。


木の香りいっぱいの空間になりそうです。

足場の撤去

今日も風は強いものの少し暑いくらいの陽気でした。
新築住宅の建築現場の足場を撤去しました。
外観がはっきりとわかるようになりました。
完成に近づいてきました。心を込めて仕上げていきたいと思います。

勾配天井

リビングの天井に板を張る作業が終わりました。
こちらのリビングは勾配天井になっています。
大きな梁が部屋のアクセントになり、明るく開放感が出ました。
今まで天井の板は横張にしていたのですが、こちらは傾斜に沿った形で張ってみました。
板の張り方で雰囲気も変わりますね。

外壁の下地を張り終えました。

宇部市の新築住宅の現場では、塗り壁の下地を張り終えました。
こちらの家ではニチハのモエン大壁工法を採用しています。


モエン大壁工法は、一般的なサイディングよりも強度が高くサイディングの継ぎ目が目立ちにくく、スッキリと美しく仕上がるのが特徴です。