土台造り

今日はお昼になる前から雨がパラパラと降りだしました。
この時期、天気予報を見る回数がぐ~んと増えます。
雨の合間をぬって、新築住宅の工事現場では土台を造る作業を進めています。
今回の現場では山口県産材を使用します。
こちらはヒノキです。




維持管理対策について

今日は曇り空でしたが涼しい一日で快適でした。
現場の方は、基礎工事も綺麗に終わり仮設工事・管工事が行われています。



o様邸では維持管理対策等級3を取得してますので
水道・排水管などの構造躯体に比べると耐用年数が短い材料は、専用配管を設けて維持管理がしやすいようになっています。
配管交換時にも構造躯体に悪影響を及ぼすことなく、配管の維持管理ができるよう工夫されています。

耐震等級について

阿知須の現場の方は、基礎工事も最終段階に入りました。
残す工程は、玄関ポーチ・勝手口の階段・埋め戻しです。



ここ最近は、地震の影響もあり建物の耐震性能についての相談をよくもらいます。
o様邸では、設計性能評価でいう耐震等級3・耐風等級2を取得しています。
吹抜けがある建物で等級3の基準を満たすのは大変ですが
耐力壁線、床・屋根構面、火打ち材をバランス良く設置することで耐震等級3の基準を満たしています。
また上部躯体だけでなく基礎の方も構造計算を行い施工しています。
基礎は、家の土台となる大変重要な主要構造であるため
コンクリートの強度・アンカーボルトやホールダウンの位置には細心の注意を払いながら施工しています。
特に土台用アンカーボルトは、柱芯から200㎜以内、1.0m間隔で設置しています。

家の性能について

今日は、阿知須で建築中の建物の性能について少しだけお話ししたいと思います。
阿知須の建物は、地域型グリーン化事業(高度省エネ型)ということもあり高性能な住宅となっています。
断熱性能については、フェノバボードを使用し付加断熱+充填断熱で施工を行います。
数字上は、北海道の基準を大幅に超える外皮性能(UA)0.35w/㎡・kとなっています。
数字が全てではありませんがある程度の断熱性能を体感できる目安ぐらいになると考えられます。



この続きはまた後日に・・・

ドライフラワー☆

今日は暑い一日でした。朝から息子のサッカーの試合を見に出かけました。
日中グランドで過ごしたので、余計に暑く感じたのかもしれませんicon10
子供たちが寝た後、ようやく自分時間が出来たのでドライフラワーをラッピングしました。



庭にアジサイが咲いているので、今年こそは失敗せずにアジサイもドライフラワーにしようと思います。

片流れの家!

ここ最近片流れの家が増えています。
軒が全くないデザイン重視の家は、確かにスッキリして格好がいいですが
軒がない分、外壁と屋根との取合い等の雨仕舞の難しさや経年変化による劣化など
がある以上雨漏りのリスクが大きい仕様だと考えられます。
今回の阿知須の現場では、軒を出す部分の瓦・木材の形状と色の工夫で
なんとか軒を出しつつ、ガルバ鋼板ではなく瓦葺きでスマートな外観になる予定です。



ここ最近、地域型グリーン化事業の補助金申請にかなりの時間を取られてしまいましたが
なんとか明日で終わりそうです。
かなりの長い期間お待たせしてますお客様には、大変ご迷惑おかけしていますが
来週ぐらいから徐々にお話にお伺いする予定です。

雨上がりの景色

今日は加入している山口県建設労働組合吉南支部さんの定期大会に参加してきました。
平成27年の活動報告や決算報告、平成28年の事業計画案や運動方針案をお話しいただきました。
会場のアジススパホテルの庭は、雨上がりのしっとりとしたなかにも爽やかで、景色も楽しめましたicon12



家に帰ってからは庭でドライフラワーにするお花を摘みました。
上手にできたら小学校のバザーに出したいな~と思っています。