お問い合わせ

スタッフblog

スタッフblog

古民家の解体

古民家の解体

今日から美祢市の工事が始まりました。
まずは、築150年ほどの建物の解体工事からです。



躯体の方は金物等一切使用されてなく太鼓梁による架構は、やはり良い雰囲気でした。
今の時代では、金物なしというのは考えられないと言う風潮ですが、
やはり金物ではなくコミセン等で1分(3㎜)ぐらいのききしろを取り、
木材を固定した方がききがある分隙間も空きにくく見た目も綺麗だと考えられます。

前のページに戻る

ページの先頭へ戻る